【INARI】いなり

 日本の昔からある手軽に食べられれる、おにぎりと似た”いなり”があります。

または、いなり寿司とも言われます。

 今年6月にオープンした、「ウイズ原宿」に日本文化の最先端を発信する、

カフェが出来ました。

 伝統的な食べ物である、いなりを英語で、INARIとし、簡素であった食べ物を

彩りよくしています。素朴ないなりと比較して、別物のような気もしますが、

美味しそうです。上の絵が昔からあるいなりです。下の絵は、ことりっぷに

掲載してあった、原宿で食べられるいなりです。

 いなり寿司は、江戸時代後期から、屋台で売られました。袋状に開いた油揚げを

甘くあるいは甘辛く煮付けて、その中にごはんを入れます。寿司と名前はついて

いますが、すし屋さんでは、通常出てきません。狐の好物が、いなりということで、

稲荷神社に祭られた狐に、供えたのではないか、とも言われています。

 久しぶりに食べたくなってきました。今日も頑張って行きましょう♬

 There is a traditional Japanese dish called “Inari”, which is similar to onigiri (rice ball)

and is easy to eat.

 It is also known as Inari Sushi. Opened in June this year, the new café at “With Harajuku”

conveys and shares the latest Japanese culture. They serve the traditional dish as Inari in

English, which is a colourful version of the simple dish. It’s a different thing compared to

the rustic Inari, but it looks delicious. The picture above is an old-fashioned Inari.

The picture below is of an inari sushi restaurant in Harajuku, which was featured on

Kotorippu. Inari Sushi was sold at street stalls in the late Edo period.

The fried tofu is opened in a bag and cooked sweet or spicy, and the rice is placed in it.

It’s called sushi, but you won’t usually find it in a sushi restaurant. It is said that the fox’s

favourite food was inari, which may have been an offering to the fox enshrined at Inari Shrine.

It’s been a long time since I’ve had one. Let’s do our best♬

ことりっぷ
引用元:ことりっぷ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です