【An extremely rare pond】幻の池

 福岡県の海の中道海浜公園に、数年に1度現れるという”幻の池”が、出現した

というニュースを見ました。

大雨が降ったあと、地下水位が上昇し、砂地が池になるそうです。そばに博多湾

と玄界灘があり、この砂地に海が入り込んだと言われますが、不思議です。

 大きさは、ほぼ東京ドームと同じです。出現したのは、7月初旬で、8月いっ

ぱいは、見られるそうです。

 公園の入場料は、大人450円で、中学生以下は、無料です。

引用元記事 ⇒ 

https://www.asahi.com/articles/photo/AS20200820000972.html

海の中道海浜公園の案内 ⇒ https://uminaka-park.jp/

I saw a news report about an “extremely rare pond” that appears once

every few years in Umi no Nakamichi Seaside Park in Fukuoka Prefecture.

After heavy rains, the groundwater level rises and the sandy soil becomes

a pond. With Hakata Bay and Genkai Sea nearby, it is said that the sea

entered this sandy land, which is strange.

It’s almost the same size as Tokyo Dome. It appeared at the beginning of

July and will be visible throughout August.

Admission fee is 450 yen for adults and free for junior high school

students and younger.

Original article ⇒

https://www.asahi.com/articles/photo/AS20200820000972.html

Guide to Umi no nakamichi Seaside Park ⇒ https://uminaka-park.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です