【Hydrangea 2021-2】紫陽花2021-2

 6月になりました。6月といえば、”6月の花嫁”?(ふるい…)、

”梅雨”でしょうか?雨の似合う花、アジサイを調べてみました。

 この時期に色んな所で咲いている、アジサイの種類に驚かされます。

 このアジサイという言葉は、日本最古の和歌集「万葉集」に、

「味狭藍」、「安治佐為」として登場します。もともと、藍色に染まった

ものを表しています。

 また、色が咲いたあとも変化するので、「七変化」「八仙花」とも

呼ばれていました。

 近所で撮ったアジサイの花でさえ、多くの種類がみられます。

 雨の日も楽しめるアジサイ。あなたの近所には、どれがいるでしょうか?

It is now June. June is the month of the “Bride of June”? (Old-fashioned ideas…)

or “rainy season”?

I looked at the hydrangea, a flower that looks great in the rain.

I am amazed at the variety of hydrangeas that are in bloom at this time of year

in many places.

The word “hydrangea” appears in Japan’s oldest waka poetry anthology,

the Manyoshu, as “A-Ji-Sa-I.” Originally, it represented something dyed indigo.

It was also called “Seven Changes” or “Eight Immortal Flowers” because its

colours change after blooming.

Even the hydrangeas took in the neighbourhood show many varieties.

These hydrangeas can be enjoyed on rainy days. Which ones are in your neighbourhood?

同じ茎から、違う色
Different colours from the same stem

ひと房で、2色
Two colours in one bunch
白く、周りがピンク
White, pink around the edges

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です