【How to eat Mochi(rice cakes】お餅の食べ方

 お正月を中心に、日本ではお餅を食べますが、何種類の食べ方があると思いま

すか?

 岩手県一関や、平泉では、伊達藩の統治時代に、命令により、毎月1日と15

日にお餅をついて神様に備えるという習慣があったそうです。現在でも、餅つき

機は、60%以上の人が持っているそうです。ここでは、200~300種類以

上のお餅の食べ方があるそうです。

私は、シンプルにきな粉餅やぜんざいでの食べ方が好きです。

 以前、仮想の旅・宮城で紹介したお餅屋さんにも行ってみたいです。

美味しくて食べ過ぎてしまうお餅ですが、お正月は、色々試してみたいです。

あなたは、どうやって食べるのが好きですか?

We eat rice cakes in Japan, especially during New Year, but how many

different ways do you think there are to eat them?

In Ichinoseki and Hiraizumi in Iwate Prefecture, during the reign of the

Date clan, it was customary to make rice cakes on the 1st and 15th of every

month to prepare them for the gods.

Even now, more than 60% of people living in Iwate have a mochi-making

machine. Here, there are more than 200-300 different ways to eat mochi.

I prefer to eat it simply with Kinako (soybean flour in English) mochi or

Zenzai.

I would also like to visit the rice cake shop, which I previously mentioned

in my virtual trip to Miyagi.

The rice cakes are delicious, and I eat too much of them, but I want to try

different kinds of rice cakes for the New Year holidays.

How do you like to eat?

【Virtual trip・Miyagi4】仮想の旅・宮城4 | Travel with Miyabi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です