【Horse worship】騎馬参拝

 北海道の中央南にある、日高地方の浦河町で、騎馬参拝が行われています。

 騎馬参拝とは、馬に乗って、日本中央競馬会日高育成牧場から西舎神社までを

1時間以上かけていく、伝統行事です。1910年から続いているそうです。今

年は、人馬の健康の他、COVID-19の終息も祈ったようです。

 COVID-19の影響で、少しの観光客と馬の愛好家の人々、報道関連の人々が2

00人ほどでしたが、馬はいつも通り行進したようです。この行進には、大人が

乗用馬に乗り、子供がポニーに乗り、計12頭が参加しました。

 広い北海道だからできる、伝統行事を紹介しました。

 今日が、仕事始めの方がいらっしゃると思います。頑張っていきましょう♬

In the town of Urakawa, in the Hidaka region of south-central Hokkaido,

the event is called the “horse worship”, where people visit the shrine on

horseback.

This is a traditional event in which people ride horses from the Japan

Central Horse Racing Association’s Hidaka Breeding Farm to the Nishicha

Shrine, and it takes over an hour. It has been going on since 1910. This year

they prayed not only for the health of people and horses but also for the

end of COVID-19.

Due to COVID-19, there were about 200 people, a few tourists, horse

enthusiasts, and press people, but the horses marched as usual.

A total of 12 horses and ponies took part in the march with adults on

horses and children on ponies.

I introduced the traditional event that can be held in huge Hokkaido.

Today is the first day of work this year for some of you.

Let’s do our best♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です