【Hagoita】羽子板

 羽子板には、飾る用と遊ぶ用とあります。

 前回紹介した、姫路城の羽子板は、遊ぶ用です。きれいな絵が、

描かれていました。

 昔から、お正月に、男の子は駒で、女の子は羽子板で遊びました。

 羽子板の主な産地は、埼玉県です。この地には、質の良い桐が

多く、羽子板に絵を描く押絵師が移り住んで、栄えました。

 女の子の無病息災を願って、祭礼から始まった羽子板は、現在

では飾る事が中心となりました。

 お土産用に、小さい羽子板もあります。日本へいらしたら、

お土産屋さんを覗いてみてください。

Hagoita has a use for decorating and playing.

The Hagoita of Himeji castle, which I introduced last time, is

for playing. This was drawn a beautiful picture.

For a long time, on New Year’s Day, boys played with pieces

(Koma in Japanese) and girls played with Hagoita.

The main production area of Hagoita is Saitama prefecture.

There’s a lot of good quality paulownia in this area, and Oshie

artist who draw some pictures on Hagoita moved and flourished.

Hagoita started with a festival to pray for the good health of

the girl is mainly displayed nowadays.

There’s also a small ones for souvenirs. If you come to Japan,

please take a peek at a souvenir shop.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です