【Flower illustrated book】花図鑑

 先日、図書館で予約しておいた「花図鑑」がやっと

手元に届きました。

 身近にある花が、555種類の色別に載った図鑑です。

同時に予約していた、鳥図鑑も同じ作者で、200種類の

鳥の鳴き声が入った貴重な本でした。鳥図鑑は、期限が

来たので返却しました。

 花図鑑を借りた理由は、散歩に行くようになり、以前より花

を見る機会が増えたのですが、ほとんど名前を知らないことに

気付いたからでした。よその家に咲いている特別な花は別として、

道端に自然に咲いている花くらい、名前が知りたいと思いました。

 まだまだ読み始めですが、次の散歩が楽しみです。

 タンポポに、カントウ(関東)とカンサイ(関西)があるって、

ご存じでしたか?私は、初耳でした。ガクが、ふっくらしている

のがカントウタンポポで、ほっそりしているのが、カンサイタンポポ

です。しかし、めったに見られなくなり、普段よく見かけるのは、

セイヨウタンポポだそうです。勉強になります。

The other day, I finally received “The Flower illustrated book” which I had

reserved from the library.

It is an illustrated book with 555 different colour-coded flowers that you can

find around you. At the same time, I pre-ordered the bird book by the same author,

which is a valuable book with 200 different bird sounds. I returned the bird book

as it was due.

The reason I borrowed the flower book was that I started to go for walks and

saw more flowers than before, but I hardly knew their names.

I wanted to know the names of all the flowers that grow naturally on the roadside,

apart from the special ones that grow in other people’s houses.

I’ve only just started reading, but I’m looking forward to the next walk.

Did you know that there are two types of dandelion, the Kanto and the Kansai?

I had never heard of it.

The dandelion with the plump calyx is the Kanto dandelion, and the one with the

slender calyx is the Kansai dandelion. However, they are rarely seen anymore,

and the most common species is the western dandelion. I will learn a lot.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です