【Flower hand basin】花手水

 花手水(はなちょうず)という言葉をご存じでしょうか?

 もともとは、野外での神事で、水がなかった時に、花についた露で

手を清めるために使用することを言います。

 現代では、神社やお寺にある手水舎(ちょうずや)の手水鉢に色鮮や

かなお花を浮かべることを意味します。

 とても美しいので、見ているだけで癒されます。

 下記は、福岡の太宰府天満宮のものですが、全国各地で行われている

ようです。

 Have you ever heard of the term ‘Hana chouzu’?

Originally, it was used in outdoor rituals to cleanse the hands with the dew on

the flowers when there was no water available.

In modern times, it means floating brightly coloured flowers in the water bowl of

a chozuya (hand-water container) at a shrine or temple.

It is so beautiful that it is soothing to look at.

The following is from Dazaifu Tenmangu Shrine in Fukuoka, and it seems to be held all over Japan.

引用元:「信じられないほど絶景」「気持ちも明るくなる」 浮かぶアジサイが美しすぎる – grape [グレイプ] (grapee.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です