【Flatfish】ヒラメとカレイ

 ヒラメとカレイを区別するのは、日本だけなのでしょうか?

英語辞書で調べると、”ヒラメとカレイは、区別しない”と書かれていました。

 日本では、”左ヒラメに右カレイ”と言って、顔の向きによって呼び分けていま

す。ところが、北海道で、右向きのヒラメが釣り上げられたという、ニュースを

見ました。1万匹に1匹の割合だそうです。さらに、天然のヒラメでは珍しいそ

うです。

 特徴としては、ヒラメは、口が大きく鋭い歯を持っています。反対に、カレイ

は、口は小さく、歯は発達していないそうです。さらに詳しく調べると、生まれ

た時は、他の魚と同じように目は、離れているそうです。しかし、生後10日

を過ぎるとどんどん寄っていき、40日を過ぎると、左に寄ったり、右に寄った

りするというから、不思議です。

 日本ではなぜ、そんなことにこだわるのでしょうか? それも不思議です。

 Is it only in Japan that we distinguish between Hirame and Karei?

When I looked it up in the English dictionary, it said, “There is no

distinction between Hirame (flatfish in English) and Karei (flatfish in

English).

In Japan, we have an aphorism “left Hirame and right Karei” according to

the direction of their faces. However, I saw a news report that a right-

handed Hirame was caught in Hokkaido, Japan. That’s one in 10,000

animals. Furthermore, they say it’s rare in natural flatfish.

In terms of characteristics, the Hirame has a large mouth and sharp teeth.

On the other hand, the Karei has a small mouth and less developed teeth.

Upon further investigation, when they are born, their eyes are separated

just like any other fish. However, after 10 days of age, they move closer and

closer together, and after 40 days, they move to the left or to the right,

which is strange.

Why do we care about such things in Japan? It’s strange, too.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です