【Fireworks】花火

 6月1日に、COVID-19の終息を願って、花火業者の方々が、全国で花火を打

ち上げたというニュースを見ました。

 残念ながら、場所が公開されていなかったので、終わったあとにこのニュース

を知りました。あなたは、見ましたか?

 今回は、”悪疫退散”という願いで打ち上げられました。

事実は不確かですが、江戸時代の隅田川花火大会は、徳川吉宗公が、飢饉とコレ

ラの流行で亡くなった人々の供養のために、花火を打ち上げたと言われていま

す。ヨーロッパでは、祝砲として用いられるようです。

 どちらにしても、空に咲く花火の花は、私たちを一瞬でも楽しませてくれる、

なくてはならないものです。

 今年の夏は、花火が見ることができるのでしょうか?

On June 1, I saw the news that fireworks suppliers launched fireworks in

all over Japan in the hope of ending of COVID-19.

As launching locations were not announced, I knew this news after the

event was over, unfortunately. Did you see it?

It was launched for a wish called “A plague go out!” this time.

The fact is uncertain, but it is said that Tokugawa Yoshimune, who is

Shogunate, launched fireworks at the Sumida river for the memorial

service of people killed in famine and an outbreak of cholera in the

Edo era. In Europe, It seems to be used as a salute.

Either way, the flower of fireworks blooming in the sky pleases us in an

instant, we need it.

Can we see the fireworks this summer?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です