【Firefly】ほたる

 ほたるの飛び交う季節になりました。

英語だと、”Firfly”または、”lighting bug”と呼ばれます。

福井県鯖江市に、100匹のゲンジボタルが現れたそうです。

ゲンジボタルについて、調べてみました。ほたるは、清流といわれるきれいな川

のほとりにしか、姿を現しません。

 一生は、卵 ⇒ 幼虫 ⇒ サナギ ⇒ 成虫と姿を変えますが、どの状態で

も発光します。この光で、コミュニケーションをはかっているようです。

卵 ⇒ サナギに7週間ほどかかり、成虫になると1週間しか生きられません。

しかも、成虫の間は、水しか飲まないそうです。

 きれいな川も貴重なほたるも、後世に残したい日本の風物詩です。

 もし見かけたら、そっと眺めましょう♬

The season has come when fireflies fly.

It is called “Firefly” or “lighting bug” in English.

It seemed that 100 fireflies called “Genji-Hotaru” appeared in Sabae city, Fukui.

I checked a “Genji-Hotaru”. The firefly appears only a side of the clear

river called a “clear stream”.

They change the figure “egg ⇒ larva ⇒ pupa ⇒ imago” throughout life,

and they beam light in any state. By this light, they seem to take

communication.

It takes about 7 weeks from egg to pupa and they can live only for one

week after becoming the imago.

Besides, It seems to drink only water during the imago.

Clear rivers and precious fireflies are both important, so we want to

leave them to next generations as Japanese seasonal things.

Let’s look quietly if we see it♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です