【Daruma 2】だるま 2

  先週のだるまの記事について、質問への回答と歴史について

紹介します。

 「だるまの目の片方に目玉を書く」というのは、願いを込めて

目玉を書くのであって、目に願い事を書くわけではありません。

 ”だるま”は、インドから中国へ仏教を伝えた僧侶・達磨さんを

日本の置物としてアレンジしたものを呼びます。達磨さんは、

9年にも及ぶ、座禅の修行を行ったので、手足がなくなったと

言われています。このことを重んじて、関西で作られていた、

起き上がりこぼしと言われる下に重心を置いた人形をまねて、倒れて

もすぐに置きあがるという事を表現しました。

Here are some answers to questions and some history about last week’s

article on Daruma.

When we say “write an eyeball in one of Daruma’s eyes,” we are writing an

eyeball with a wish, not a wish in the eye.

“Daruma” is the name given to a Japanese figurine of Mr.Daruma, the Buddhist

priest who introduced Buddhism from India to China.

It is said that Mr.Daruma lost his hands and feet after nine years of zazen practice.

In respect of this, they imitated the dolls made in the Kansai region, which were

made with the centre of gravity at the bottom, to show that even if they fell,

they would immediately get back up.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です