【Daruma】だるま

 昨日、”だるま太陽”を紹介したのですが、この”だるま”に

について、質問がありましたので説明します。

 だるまは、手足が無い張子(はりこ)の人形で、一方に傾けても、いつも垂直の位置に戻るようになっている。だるまは決意の象徴で、幸運をもたらす置物でもある。

引用元:植山源一郎氏著書「日本的事象・英文説明300選」

 最初に買ったときは、目はなく、片目だけ願いを込めて書きます。

願いが叶った後、もう一方の目を書くのです。

 これは、東京では、浅草寺の仲見世通りに売っています。他にも、

調布にある深大寺や、群馬県の高崎だるま市が有名です。

 次回、歴史も紹介します。

Yesterday, I introduced Daruma Taiyo (sun in English), and you asked me about it, so I’ll explain.

Daruma is a papier-mâché figure without arms or legs which, when tipped on one side, always returns to an upright position. The figure is a symbol determination and an object for good luck.

Origin of source : Genchiro Ueyama “Japanese-style phenomenon, 300 selections of English sentence explanation

When you first buy it, it has not their eyes. So you write your wish in one eye only.

After your wish has come true, you write the other eye.

In Tokyo, these are sold on Nakamise Street in Sensoji Temple.

Other famous markets are Jindaiji Temple in Chofu and the Takasaki Daruma Market

in Gunma Prefecture.

 I will introduce their history next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です