【Daikan】大寒

 今日1月20日は、大寒です。1年で最も寒い日と言われています。

 春夏秋冬を、それぞれ6つの季節にさらに分けた24節気の名称の一つです。

この日から、約15日間の節分まで、この大寒が続きます。

 節分には、関西から始まった「恵方巻」を食べますが、この間は、何を食べる

とよいのでしょうか? 身近なもので調べると”卵”がありました。寒いこの時期

に、鶏が卵を産むことが少ないため、栄養価が高く、”大寒の卵”として重宝され

ているそうです。

 寒いので、卵に限らず、身体が温まるものを食べて過ごしていきましょう♬

 よい1日を!

Today, the 20th of January is Daikan, which is the coldest day of the year.

It is one of the 24 seasonal seasons: four seasons (spring, summer,

autumn, and winter) are divided into six ones each. From this day, Daikan

means the cold weather lasts for about 15 days until Setsubun.

In Setsubun, they eat “Ehomaki”, which started in the Kansai area.

What should we eat during this time?

When I looked up familiar things, I found “eggs”.

They are known as “Daikan eggs” because of their high nutritional value

and hens rarely lay eggs during this cold season.

It’s cold, so let’s spend our time that it’s not just eggs but also eating things

that warm us up♬ Have a good day!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です