【Contrast between hot spring and public bath】 温泉と銭湯の違い

 温泉の定義は、法律上、自然から湧き出るお湯、ガス

のことを言います。

 銭湯は、お湯を貸してお金をとる公衆浴場です。

始まりは、平安時代の京都にある湯屋で、”京乃湯”と呼ばれた

と言われています。

 しかし、現在では、温泉でもお金を払います。

 日本の家庭のお風呂はせまいので、

たまには広いお風呂でのんびりしたいです。

The legal definition of the hot spring(“Onsen”in Japanese) is

hot water or gas gushing out from nature.

The public bath called “Sento” is one for which people

pay some money.

The first public bath”Yuya” called “the Kyonoya” in Kyoto

has been opened since the Heian-era.

Nowadays, we pay some money for “Onsen”, too.

A bath we have in our house is usually small,

so occasionally we want to go relaxing in a large one.

Miyabi-panda is in tne bath.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です