【Constitution Memorial Day】憲法記念日

 5月3日は、憲法記念日です。1947年に日本国憲法が施行され、

翌年11月3日に、公布されました。74年前のことです。この公布の日

は、文化の日として休日になっています。

 さらに、今日のこの日は、日本が、当時どこの国もしていなかった、戦争

放棄を日本国憲法の中で、宣言した重大な日なのです。

 しかし、現代では、明日4日「みどりの日」、5日「子供の日」と続く、

土日も含めて、ゴールデンウィークの一部と認識されています。

以下、1言で説明している引用文です。

憲法記念日は、5月3日である。この祝日は、第二次世界大戦後に現行の

日本国憲法が施行された日を記念している。

引用元:植山 源一郎氏著書「日本的事象・英文説明300選」

The 3rd of May is Constitution Memorial Day.

The Constitution of Japan came into force in 1947 and was promulgated

on the 3rd of November of the following year.

It was 74 years ago. The day of this proclamation has been declared a

cultural holiday.

Moreover, today is the day on which Japan declared in its Constitution that

it renounced war, something that no other country had done at the time.

In modern times, however, it is recognised as part of Golden Week, including

the Saturday and Sunday that follows tomorrow, the 4th “Greenery Day” and

the 5th “Children’s Day.”

Here is a quote that explains it all in one word.

Kenpo-kinenbi, or Constitution Day, is on May 3. This holiday marks the date when

the present Constitution of Japan went into effect after World War Ⅱ.

Origin: Genichiro Ueyama” Japanese-style phenomenon, 300 selections of English sentence explanation”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です