【Conger rice】あなご飯

 先日、広島県廿日市市の弥山を紹介しました。

ここの名物が、あなご飯です。あなごは、うなぎに似ているので、eelをつけて

呼ばれることもあります。”あなご”の名前の由来は、岩穴にいたり、海底に穴を

掘って、顔だけを出しながら、補食行動をするのでこう呼ばれています。

 弥山のある宮島の近海で、昔からあなごがよく取れたので、名物になったよう

です。

有名なのは、創業100年以上の”あなごめしうえの”です。

通信販売もされています。

https://www.anagomeshi.com/

 まだまだ旅に行けないので、近所で”あなご飯”を買って雰囲気を味わうことに

しました。あっさりした味なので、うなぎが苦手な人も食べられると思います。

 もしよければ、過去に書いた、弥山の記事もどうぞご覧ください。

I introduced Mt. Misen in Hatsukaichi city, Hiroshima the other day.

A speciality is Conger rice called ” Anago-meshi”. As it resembles an eel,

it is called it conger eel rice, too.

We call it “Anago” for the reason that it tends to be in a rocky cavern (“Ana”

in Japanese) and dig a hole in the bottom of the sea to eat food while taking

out only a face from the hole.

We have long caught many “Anago” in the sea near Miyajima with Mt.

Misen.

“Anago-meshi・Ueno” is famous, which was founded more than 100

years ago.

It is sold by mail order, too.

https://www.anagomeshi.com/

As I cannot still go for travelling, I decided to buy “Anago-meshi” in a

neighbourhood to taste it and enjoy an atmosphere. As it has a light taste,

you can eat it even if you don’t like an eel.

Look at the article of Mt. Misen which I wrote in the past if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です