【Coffee break45】コーヒーブレイク45

 スイフヨウという花を、ご存じでしょうか?

私は、初めて知ったので、少し調べてみました。

 この花は、漢字で「酔芙蓉」と書かかれます。そして、英語では、”Hibiscus

mutabilis”と書くので、ハイビスカスの仲間なのです。この”mutabilis” が、

「変化しやすい」を表す、”mutable”が、もとになっています。「酔」は酔うと

いう意味です。そして、「水」という漢字を使って、「水芙蓉」にすると、ハス

の花になってしまいます。なぜ、酔うという字を使うかというと、最初、白く咲

くのですが、時間が経つと、その日のうちに、ピンクに変わるので、まるで、酔

っているようだということで、名付けられました。

 下記のYouTubeで、変化の様子をご覧ください。不思議な花ですが、見ていて

楽しいと思いました。

 昨日より、少し気温が上がるようです。良い日曜日をお過ごしください。

Have you ever heard of a flower called “Sui-Fuyo”?

I had never heard of it before, so I looked it up.

This flower is written as “Drunken Fuyo” in Kanji (Chinese character)

and is written as “Hibiscus mutabilis” in English, so it is a member of the

hibiscus family. The “mutabilis” is based on the word “mutable” which

means “changeable”.

“酔” means drunkenness, so if you use the Chinese character for “水” and

make it “Sui Fuyo,” you’ll end up with a lotus flower. The reason for the use

of the word “drunk” is that it blooms white at first, but as time passes, it

turns pink on this day, so it is named after the fact that it looks like a

drunk.

Watch the changes on YouTube below. It’s a strange flower, but I thought it

was fun to watch.

It looks like the temperature will rise a bit from yesterday.

Have a good Sunday.

引用元:千葉市都市緑化植物園ホームページ
Origin:Chiba city urban-greening botanical garden

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です