【Coffee break41】コーヒーブレイク41

 数日前から、キンモクセイの香りがしてきました。マスクの上からでもわかり

ます。通常は、9月中旬から10月に咲くので、少し遅めの登場です。

 キンモクセイは、江戸時代に中国から日本にやってきました。

 この名前は、樹皮がサイの足に似ているので、中国で木犀(もくせい)と名

付けられました。ギンモクセイが白い花だったので、橙色のこの花を、キンモク

セイと呼ぶようになりました。

 現代では、お茶やワインとして楽しまれていますが、1970年から1990

年代前半までは、トイレが汲み取り式だったので、芳香剤として、植えられてい

たようです。

 昼間は暑い日もありますが、このキンモクセイの香りで秋を感じています。

よい週末をお過ごしください!

A few days ago, I began to smell the fragrant orange-colored olive. I can

see it through the mask. It usually blooms from mid-September to October,

so it makes a slightly later appearance.

The fragrant orange-colored olive came to Japan from China in the Edo

period. It was named “Mokusei” in China because the bark resembles a

rhinoceros’s foot. As the fragrant silver-colored olive was white, this

orange flower came to be called the fragrant orange-colored olive.

Today it is enjoyed as a tea and wine, but from the 1970s to the early 1990s

it was planted as an aromatic because toilets used to be pumped out.

It may be hot in the daytime, but the scent of it makes me feel autumn.

Have a great weekend!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です