【Coffee break24】コーヒーブレイク24

  「日本人は、マスクを付けることにあまり違和感がない」という記事を読み

ました。理由は、「目」で相手の気持ちを読み取っているからだそうです。

確かに、諺で、”目は口程に物を言う”といわれるくらいです。それに対して、欧

米では、声のトーンまたは、口を見てその人が怒っているのかなどを、判断する

ようです。だから、口は出しておかなくてはいけないんですね。英語の発音は、

唇を噛んでいるか、いないかで意味も変わるので、重要かもしれません。

 先日、外国人の友人が、話すときにマスクを下ろして話していたので、2m以

上離れました…文化の違いを感じました。こんなことを気にしない日常は、いつ

か戻ってくるのでしょうか?

 話は変わって、先日、ケンタッキー・フライド・チキンが50周年で、スペシ

ャルパックを販売ていました。食べている時が、一番幸せなmiyabi-pandaでし

た。梅雨で大変な毎日ですが、よい週末を!

I read an article, “the Japanese has not mental suffering what they

remained in putting on a mask”.

The reason appears to be because we read the feeling of the partner with

“eyes”. Surely, we said that “eyes talk more than a mouth” in a proverb.

Meanwhile, The European and the American appear to judge it whether

the person gets angry on hearing the tone of the voice or seeing a mouth.

Therefore they must take out their mouth, mustn’t they?

It may be important as the meaning changes whether the English

pronunciation bites lips or not.

The other day, when I talk to a foreign friend, he took down a mask, so I

left from him 2m or more. I felt a difference in culture.

When will the daily life not to mind such a thing return in?

Changing the subject, Kentucky Fried Chicken was the 50th anniversary

and sold a special pack the other day. Miyabi-panda has the happiest

moment when she ate something.

It’s serious every day in the rainy season, but have a good weekend!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です