【Coffee break 73】コーヒーブレイク73

 少し前から読んでいる、「英語達人列伝・あっぱれ日本人の英語」。

まだ3章しか読んでいないので、出てきた人物は、新渡戸稲造、岡倉天心、斎藤秀三郎の

3人です。その中で、心に響いた岡倉天心の話をしたいと思います。

 彼は美術学校を設立した人です。実家が貿易商を営んでおり、幼いころから、英語の

学校へ行き、勉強していました。彼が生まれたのは、1863年なので、日本は、

当時、江戸時代末期です。この時代は、英語の辞書も不確かなものが多いが、横浜の英語学校

では、外国人教師もいたので、正しい英語を学ぶ機会に恵まれていたと思います。

 彼が、ボストンに日本の美術を広めるために、画家を連れて道を歩いていた時の話です。

 羽織、袴を着て歩いていたので、アメリカ人に絡まれて、

”What sort of ’nese’ are you people? Are you Chinese, or Japanese, or Javanese?”

と言われました。

 彼は、”We are Japanese gentleman, but what kind of ‘Key’ are you?

Are you a Yankee, or a donkey, or a monkey?”と返します。

 同行していた、画家・横山大観は、このフレーズを最高に気に入ったそうです。

私も大変気に入りました。そして、その英語力に脱帽です。後日、彼は言っていました。

「海外で羽織、袴を着て歩くことは、リスクがあるが、正しく英語を理解していれば問題はない」

 この言葉に、襟を正しました。言語学者になりませんが、英語を使って仕事をしよう

とする私は、この熱意が足りなかったんだと思いました。4月末のTOEICの抽選も当選しました。

日本の事を海外の方に伝えることがしたくて、通訳案内士を目指していたと改めて思いなおし、

難解に感じていた英語を正しく理解して勉強していこうと思います。

関東地方は、強い雨の1日となりそうです。暖かくして、過ごしましょう♬よい1日を!

I’ve been reading this book ”the story of an English master, Attainable Japanese English”

for a while.

As I have only read three chapters, the people who have appeared are Inazo Nitobe,

Tenshin Okakura, and Shuzaburo Saito.

In this context, I would like to talk about Okakura Tenshin, who touched my heart.

He was the founder of an art school. His family was a trader, and he went to school to

study English from an early age.

He was born in 1863, which was the end of the Edo period in Japan.

At this time, English dictionaries were often uncertain, but at the English school in Yokohama

where had foreign teachers, so he had the opportunity to learn correct English.

This is the story of when he was walking down the street with a painter to promote Japanese

art in Boston. They were walking around wearing Kimono called a haori and hakama,

so an American got involved with them and said

“What sort of ’nese’ are you people? Are you Chinese, or Japanese, or Javanese?”

He replies:” We are Japanese gentlemen, but what kind of ‘Key’ are you?

Are you a Yankee, or a donkey, or a monkey?”

The painter Yokoyama Taikan, who was travelling with him, liked this phrase best.

I loved it too. And I take my hat off to him for his English skills. Later, he said.

“Walking around in a haori and hakama abroad can be risky, but as long as you

understand English properly it’s not a problem.”

These words made me straighten my collar.

I won’t be a linguist, but I thought I lacked this enthusiasm to work with English.

I also draw a winning for TOEIC at the end of April. I reminded myself again that

I wanted to become a guide-interpreter because I wanted to communicate about

Japan to people overseas, and I will study English with a proper understanding of English,

which I found difficult to understand.

It’s going to be a very wet day in the Kanto area. Let’s stay warm! Have a good day♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です