【Coffee break 125】コーヒーブレイク 125

 帰省した際、10歳から仲良くしている親友とランチしました。

友達に限らず、外で人とご飯を食べたのは、2年ぶりなので、

感染対策しているお店に行きました。

昨年末に、神戸で神戸牛を食べたのですが、今回も神戸牛で、

ひつまぶしになっている、ランチセットを食べました。

 ひつまぶしとは、おひつと呼ばれる入れ物に入れた、ご飯と具

を数回に分けて食べる食べ物です。

いつもはとりとめもない話をするのですが、今回は、親友の

お父さんが亡くなったので、思い出話をしました。

 こんな時期だから、親も友人も周りにいる人も、大切に

しようと、改めて思いました。

When I went to my hometown, I had lunch with my friend who

I have been friend with since I was 10 years old. It had been two

years since I had eaten lunch/dinner with people outside, not

just friends, so I went to a restaurant that was infection measures.

At the end of last year, I had a Kobe beef in Kobe, and this time

it was Kobe beef again, with lunch set of Hitsu-Mabushi, which

is a food made up of several portions of rice and ingredients,

served in a container called an O-Hitsu.

We usually talk about trivial things, but this time we reminisced

about my best friend’s father who had passed away last month.

It’s time like this that remind me to take care of my parents,

friends, and everyone around me.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です