【Coffee break 112】コーヒーブレイク 112

 しばらくぶりの更新です。昨日は、全国通訳案内士の試験を

受けてきました。関東地区では、東京で受験なのですが、行くのは、

昨年の試験以来です。まだまだ、緊急事態宣言中ですが、人の多さに

びっくりしました。

 試験の感想は、問題形式がまったく異なっており、少し戸惑いました。

 英語は、私にとって難しく感じ、今年から試験時間も短くなったため、

焦ってしまいました。その他の科目は、とても解きやすく、勉強していれば

わかる問題となっていました。まだ自己採点していませんが、落ち着いたら、

やってみます。

 通常ですと、8月に試験があるのですが、COVID-19の影響で、9月に延期

となっていました。この試験が終わると、私は夏が終わったと感じます。

 試験に集中する夏でしたが、みなさんは、どんな夏を過ごしましたか?

It’s been a while since I updated. I took the national interpreter guide exam yesterday.

I am taking the exam in Tokyo, in the Kanto area, but I have not been there since last

year’s exam. We are still in the process of declaring a state of emergency, but I was

surprised by the number of people.

My impression of the exam was that the format of the questions was quite different,

and I was a bit confused.

English seemed difficult for me, and I felt rushed because the exam was shorter this year.

The other subjects were easy to solve, and the questions were understandable if you

had studied them. I haven’t scored myself yet, but when I get settled, I’ll do it.

Normally, the test would be held in August, but due to COVID-19, it was postponed to

September. When this exam is over, I feel that summer is over.

For me, it was a summer of focusing on exams, but what kind of summer did you have?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です