【Cicada】セミ

 梅雨が終わったと同時に、一斉にセミが鳴き始めました。

 日本では、当たり前のことですが、海外では、珍しいことだ

というニュースを見ました。

 日本では、幼虫でいる間が2年ほどなため、毎年、夏のこの時期

になると、成虫となったセミが木に止まって鳴いています。しかし、

アメリカでは、17年間ほど幼虫として土の中にいるので、毎年、

夏にセミが鳴くとは限らないそうなのです。なので、地上に出てくる

と一斉に鳴くため、騒音の言われ、ニュースになるそうです。

 セミの種類が違うのかわかりませんが、不思議です。

As soon as the rainy season ended, the cicadas started to sing at once.

I saw the news that it is a common practice in Japan, but it is rare in other countries.

In Japan, the larvae only live for about two years, so every year at this time of summer,

the adult cicadas stop on trees and sing. In the USA, however, the cicadas stay in the soil

as larvae for about 17 years, so they don’t always sing every summer. So when they come

to the ground, they all sing at the same time, which is said to be noisy and makes the news.

I don’t know if it’s a different kind of cicada, but it’s strange. 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です