【Children’s Day】子供の日

 5月5日は、子供の日です。

端午(たんご)の節句ともいわれ、子供たちが元気に育ち、大きくなったことを

お祝いする日です。本来は、男の子のためのお祝いでしたが、いまは子供たちみ

んなを祝います。また、制定された1948年には、お母さんに感謝する日でもあっ

たようです。

 飾る家も少なくなりましたが、家の外に”鯉のぼり”を飾ります。

”鯉”という魚は、流れの急な川で泳いだり、滝も登ったりするほど強い魚で

す。そんなたくましい鯉のようになってほしいという意味を込めます。

 1日も早く、子供たちが元気に学校や幼稚園に行ける日が、戻ってくることを

願います。かしわもち食べて、おうちで過ごしましょう!

 朝日新聞の朝刊に、”のび太になろう”という掲載がありました。今日は、のび

太になりましょうか? のび太は、マンガ・ドラえもんの登場人物のひとりです。

The 5th of May is Children’s Day.

It is known as Tango Festival, which is a day to celebrate that

children have been brought up well. This day was originally the

celebration day for boys, but now, celebrates all the children. Also, it

seemed to be a day to thank the mother when it was established in 1948.

People decorate a “carp-shaped streamer” called a “Koinobori” outside

their house, but now few do it. A fish called “carp” is a strong fish to swim

in the rapid river and climb the waterfall.

Parents desire their children to be strong like a carp.

I pray for the day when children can go to a school and kindergarten as

soon as possible. Let’s stay home while you are eating Kashiwa-mochi

which means a rice cake containing bean jam wrapped in an oak leaf!

There was a publication called “Let’s become Nobita!” in the morning

edition of the Asahi Newspaper. Shall we become Nobita today?

Nobita is one of character in manga “Doraemon”.

Miyabi-panda ate a Kashiwa-mochi a few days ago.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です