【Camellia japonica】椿

 椿が、日本原産国ということをご存じでしたか?

名前の学名が、”Camellia japonica”となっています。”japonica”は、”倭

(わ)”を表し、日本人という意味です。

 初めて記録に残っているのは、「日本書紀」なので、かなり昔から咲いていた

ことがわかります。「日本書紀」は、奈良時代に歴史書として完成し、720年

にできたものです。

 花として愛でる他に、”椿油”として、現在でもお相撲さんの髪の毛を結うとき

に使われています。武士が、打ち首を連想することから、この花を嫌ったという

のを聞いたことがありますが、それは、幕末から明治にかけて言われたことで、

武士のいた江戸時代にそのような記述は見られなかったようです。

 散歩をしていると、たまに赤い椿の花を見かけます。元気をくれるような赤で

す。ちょっと、探してみませんか?

Did you know that camellia japonica is native to Japan?

The scientific name of this plant is “Camellia japonica”. The word

“japonica” stands for “Japan” and means “Japanese”. The first recorded

mention of it is in the Nihon Shoki (Chronicles of Japan), which shows that

it has been bloom for quite some time. The Chronicles of Japan were

completed in the Nara period (710-794) and were published in 720.

In addition to being loved as a flower, camellia oil is still used by sumo

wrestlers to tie their hair.

I have heard that the samurai disliked this flower because it reminded

them of beheading, but this was said from the end of the Edo period to the

Meiji period, and there was no such description in the Edo period when

there were samurai.

When I go for a walk, I sometimes see red camellia flowers.

It’s the kind of red that cheers me up. Why don’t you have a look around?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です