【Buddha’s Birthday】お釈迦様の誕生日

 昨日、4月8日は、お釈迦様の誕生日でした。

 お釈迦様の誕生日には、全国各地で、「花まつり」という行事が開かれます。

 この行事は、606年から始まったと日本書紀に書かれているので、すでに

1415年の歴史があります。

 そして、この日に、お釈迦様の像に、甘茶をかけます。甘茶とは、ガクアジサイ

の変種でユキノシタ科の植物「アマチャ」の若葉を煎じた飲み物です。甘いお茶かと

思っていました。江戸時代ころまでは、香水(こうずい)という水が使われていたよ

うです。甘茶は、生薬としても用いられることから、健康によいとされています。

 甘茶をかける理由は、お釈迦様がお生まれになった時、龍が甘露を降らせたことに

由来しています。多くの寺院で、甘茶がふるまわれます。しかし、京都では、甘茶は

ティーパック、頂ける飴は、個包装だったそうです。

 お釈迦様は、今の世界をどうご覧になっているでしょうか?

予報にない雨が降ったりして、不安定な天気です。体調整えて、今日もやっていきま

しょう♬ よい1日を!

Yesterday, the 8th of April, was the birthday of Buddha.

On the day of Buddha’s birthday, the “Flower Festival” called Hana-Matsuri is held all

over Japan.

This event has already a history of 1415 years, as it is written in the Nihon Shoki that it

started in 606.

On this day, sweet tea is poured over the statue of Buddha. Sweet tea called Amacha is

a drink made by infusing the young leaves of the Amacha plant, a variant of the Chinese

hydrangea, and a member of the saxifrage family. I thought it was a sweet tea.

Until the Edo period, fragrance water called “kouzui” was used. Sweet tea is also used as

herbal medicine and is considered to have health benefits. The reason for pouring sweet tea

comes from the fact that when the Buddha was born, a dragon rained sweet dew on him.

Sweet tea is served in many temples. In Kyoto, however, the sweet tea came in tea packs

and the candy was individually wrapped.

How would the Buddha see the world today?

The weather is unsettled with some unpredicted rain.

Let’s get fit and get on with the day! Have a good day!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です