【Breakfast】朝ごはん

 今まであまり気に留めていなかったのですが、朝ごはんについて、

本で面白い内容を読みました。

 親日家のフランス人が、日本に旅行し、「素晴らしかったけれど、

朝ごはんだけは、量が多くて、しょっぱくて良くなかった」というものでした。

 日本人でも、朝ごはんに日本食以外のパンを食べたり、コーンフレークなど

を食べる人もいます。しかし、基本的には、ご飯、味噌汁、焼き魚といっ

たメニューが、ホテルでも多いかもしれません。

 味噌汁は、発酵食品ですし、魚も塩を使うので、しょっぱいと感じるかも

しれません。それを、白いごはんと一緒に食べることに、幸せを感じています。

 フランスでは、マリーアントワネットでも知られるように、けだるい朝に、

ホットチョコレートを飲むというのは有名な話だと思います。そもそも、朝食

という概念はなく、お昼や夜にがっつり食べる国民性なのです。

 同じヨーロッパでも、イギリスでは、朝食が一番豪華といいます。

 国によって様々で、面白いと思いました。

 I’ve never paid much attention to breakfast before, but I read something

interesting about it in a book.

 A Frenchperson, who is very pro-Japanese, travelled to Japan and said

that it was wonderful, but only the breakfast was too much and too soggy. 

Some Japanese people also eat non-Japanese food, bread or cornflakes for breakfast.

However, the basic menu may be rice, miso soup and grilled fish, even in hotels.

Miso soup is a fermented food and fish uses salt, so you may find it too salty.

We are happy to eat it with white rice.

In France, it is well known that people drink hot chocolate on a lazy morning,

as Marie-Antoinette did. They don’t eat breakfast and eat lunch and dinner a lot.

In the UK, breakfast is the most sumptuous meal of the day.

I thought it was interesting that it varied from country to country.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です