【Book】本

 知り合いの方に薦められた本を読んでみました。

”ふるさとって呼んでもいいですか?”という本です。

ナディという主人公の6歳の少女と両親、年下の2人の弟

の計5人で、日本へやってきて、色々なことに向き合いながら、

約30年間、日本に住んでいらっしゃいます。

私にも外国から来た友人がいます。彼らと話していると、

日本の文化で私の知らないことを教えてもらえます。

本を読み終わるころには、ナディさんを身近な人に感じて、

”ふるさとって言っていいよ!”と言っていました。

また、本の中で”愛は盲目”というくらい、日本が好きと言われて

ました。こんなに、嬉しいことはありません。

ぜひ、読んでみてください。

寒い冬でも、心が暖まります♬

私がこの本をおすすめするのは、全てに”ふりがな”がふって

あるのです。日本語を勉強中の方は、助けになるでしょう!

I read a book which my acquaintance recommended to me.

The title is “Can I call Japan my hometown?”

The main character “Nadi”came to Japan as 6-year-old girl

with her parents and two younger brothers.

They have lived in Japan for nearly 30 years

and have had a variety of experiences.

I have some friends from other countries and

when I talk with them, they tell me a lot of things

I didn’t know about Japanses culture.

Towards the end of this book,

I felt a sense of closeness to Nadi, and

thought ” Yes, it’s your hometown, Nadi!”.

In the book, she says “Love is blind”. She means she loves

all aspects of Japan, good and bad.

I was really happy.

You should definitely read this book.

It will warm your heart in the cold winter.

Also, this book has “furigana” so it’s great for people who

are studying Japanese.

ふるさとって呼んでもいいですか 6歳で「移民」になった私の物語 [ ナディ ]楽天で購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です