【Bonito】かつお

 日本では、かつおを使った寿司があります。

 藁を使って、かつおをいぶし、下ごしらえをします。一般の

家庭では難しいのですが、桜チップなどで、代用して燻製を作る

ことが流行りました。

 カツオは、春と秋に旬があります。秋のカツオは、戻りガツオ

といって脂がのって、とても美味しいです。高知県が有名です。

 ミュシュランのシェフが作業している様子を下記のYouTubeで

ご覧ください。1つ1つの寿司に手間ひまをかける、日本の伝統

です。

In Japan, we have sushi made with bonito.

Using straws, the bonito is smoked and prepared.

It is difficult to do this in the home, but it was once popular to use

cherry wood chips as a substitute.

Bonito is in season in spring and autumn. In autumn, bonito, specially

called “modori-bonito” (modori means returning home in Japanese),

is very tasty with plenty of fat on it. It is famous in Kochi Prefecture.

Watch the Muschelin chefs at work on YouTube below. It’s a Japanese

technique that puts a lot of time and effort into each piece of sushi.

How to prepare a Bonito & Seared in a strawfire by Michelin Sushi Chef – YouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です