【Boiling Daikon Radishes】大根焚き

 京都を中心として、11月終わりから12月にかけて、場所によっては1月2

月に、大根焚きが行われます。

 色々な由来や言い伝えで、お寺を中心として、大根を焚いたものが、ふるまわ

れます。お寺によっては、油揚げなどと一緒に焚いているところもあります。

また、大根に梵字を書いて焚くところもあるようです。梵字とは、”ぼんじ”と読

み、サンスクリット語を表記するための文字のことを言います。

 有名なのは、了徳寺、別名大根焚き寺と呼ばれるお寺です。大根志納券という

寄付をして、大根を頂き無病息災をお願いします。今年は、9日、10日と行わ

れます。お近くの方は、説法も聞くことができますので、おすすめです。

詳しくは、下記をご覧ください。

 暖かいものを食べて、冬を過ごして行きましょう。

Boiling Daikon Radishes take place in late November and December,

mainly in Kyoto, and in some places in January and February.

With various origins and legends, daikon radish is boiled and served

around the temple. In some temples, it is boiled with fried tofu and other

foods.

There are also places where you can write Sanskrit characters on radishes

and boils them. Sanskrit characters are read as “Bonji” and are used to

write Sanskrit words.

The most famous is Ryotoku-Ji Temple, also known as Ryotoku-Ji Temple

or Radish Boiling Temple. You can donate daikon radish vouchers and

receive daikon radish to wish you good health. This year’s event will be

held on the 9th and 10th. If you are in the area, you can also hear the

sermon, which is recommended.

For more information, please see below.

Eat warm and go through the winter.

法要のご案内 – 真宗大谷派 法輪山 了徳寺 (ryoutokuji.or.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です