【Bell Cricket Train】スズムシ列車

兵庫県の北条鉄道が、スズムシ列車を走らせている、というニュースを見まし

た。「粟生駅」(小野市)から「北条町駅」(加西市)を結ぶ単線で、1両しか

ない列車です。網棚に、虫かごに入ったスズムシがいて、声を聴くことができる

そうです。風流な列車です。

ここ数日、過ごしやすい日が続き、窓を開けているとスズムシの声が聞こえてい

ます。その話を友人としていると、”スズムシに聞こえる声は、ほとんどがコオ

ロギらしいよ”と言われました。違いが判らないので、調べてみました。

 見た目は違いますが、どちらもバッタ目コオロギ科という種類なので、同類な

のです。YouTubeで鳴き方の違いを見つけましたので、聞き分けてみて下さい。

やはり、違います。外に耳を澄ませると、確かに、コオロギな気がします。

I saw the news that Hojo Railway in Hyogo Prefecture is running a

“Suzumushi ( bell cricket in English)” train.

There is only one train on a single track between Ao Station (Ono City) and

Hojo Town Station (Kasai City). There is a cage of insects in a net cabinet

where you can listen to their voices. It’s an elegant train.

The last few days have been pleasant, and when I open the windows, I can

hear the call of the bell crickets. When I was talking to my friend about it,

he said, “Most of the voices you hear that sound like bell crickets seem to

be crickets (Korogi in Japanese).”

I don’t know the difference, so I looked it up.

Although they look different, they are both of the same species, which is

the family of grasshopper crickets, so they are the same kind.

I found a difference in the way they sound on YouTube, so you can listen

to them differently. It’s still different. When I listen carefully outside, It

surely sounds like crickets.

引用元:https://animalbattles.wealthyblogs.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です