【Bamboo flowers】竹の花

 120年に一度咲く、竹の花をご存じでしょうか?

 私は全く知らなかったのですが、コメント欄で教えて頂いたので、

調べてみました。

 「竹」は、学術的に、まだ木か草かという区別がされていない特殊な

植物なのです。120年という周期で、最後に花を咲かせて、枯れてい

きます。なので、不吉な植物と言われています。周期が長いので

解明されることが、なかったのかもしれません。

 この花は、日本では、平成が終わるころに話題となったので、ちょうど

時代の変わり目でもありました。

 最近撮られた、京都の竹の花のYouTubeがありましたので、添付します。

 花と言っても、開花始めは、薄緑で、枯れると茶色くなるので、葉に紛れて

わかりにくいものです。

 一斉に枯れて、新しいものに変わっていくので、不吉というよりは、新しい

誕生と考えてほうが、わくわくする気がします。人間と同じなんだと思います。

いつか、本物を見てみたいです。

Have you ever heard of the bamboo flower, which blooms once every 120 years?

I had no idea about it, but since you told me about it in the comments section, I looked it up.

Bamboo is a special plant that has not yet been scientifically distinguished as either

a tree or a grass. In a cycle of 120 years, it finally flowers and then dies. So it is said to

be an inauspicious plant.

The cycle is so long that it may never have been clarified. This flower became a hot topic

in Japan at the end of the Heisei period, so it was just the turn of the century.

The flowers, which are pale green at the beginning of flowering and turn brown as they die,

are difficult to distinguish from the foliage.

I think it’s more exciting to think of it as a new birth than ominous because it’s all dying and

being replaced by something new. I think it’s the same with humans.

One day I would like to see the real thing.

引用元:Sanakei News

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です