【Arita-Yaki】有田焼

 日本には、いくつか有名な焼き物があります。その中で、九州の佐賀にある有

田焼のマグカップを、コメダ珈琲店が使っているというニュースを見ました。

コメダ珈琲店でホットの飲み物を頼むと、このカップに入ってくるのですが、暖

か味があるな、と思っていました。こだわりがあり、検品にもれた商品は、申し

込むと抽選で頂けるそうです。無駄にしないという事は、現代と合っています。

 有田焼は、佐賀県の伊万里港から出荷されたので、別名「伊万里焼」とも言わ

れますが、明治以降、有田市で作っられたものを有田焼、伊万里市で作られたも

のを伊万里焼と区別するようになりました。赤い色を使って、発展させた「柿右

衛門様式」も有名です。繊細で、暖か味があり、今も愛されている陶器です。

 下記は、春にコメダ珈琲店に行った時のYouTubeです。コーヒーカップが登場

します。このころは、COVID-19がこんなに長引くとは思っても見なかったころ

です。今週も、頑張って行きましょう!

We have several famous pottery items in Japan.

I saw the news about the use of an Arita-yaki mug from Saga, Kyushu, by

Komeda Coffee Shop. When I ordered a hot beverage at Komeda Coffee

Shop, it came in this cup, and I thought it had a warm taste to it. They are

very particular about their products, and if you apply for a product that is

not passed, you can get it in a drawing. The fact that they don’t waste

products is in line with modern times.

Arita-yaki is also called “Imari-yaki” because it was shipped from Imari

Port in Saga Prefecture, but, after the Meiji era, the term “Arita-yaki” was

used to distinguish between Arita-yaki made in Arita City and Imari-yaki

made in Imari City. The Kakiemon style, which was developed using the

red color, is also famous. This is a delicate, warm, and still beloved piece of

pottery.

Below is a YouTube clip from my visit to Komeda Coffee Shop in the

spring. A cup of coffee is on the way. These were the days when I didn’t

expect COVID-19 to last this long. Let’s get going this week!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です