【Amanohashidate】天橋立

 少し前に行った、京都の天橋立についてお話します。

”” 天橋立は、日本三景の1つとされている。天橋立は、

「天の橋(てんのはし)」を意味し、松の木が並ぶ長い

砂州(さす)である。天の橋を見るためには、その景色に背

をむけてかがみ、脚の間から眺めるとよい。””

出典元:植山源一郎氏著書「日本的事象・英文説明300選」

 脚の間から眺める…日本では、有名なポーズと思っていましたが、

実際にやっていると、中国の人から笑われました。「こういうものだ」

と言ったのですが、伝わらず、勉強不足に落ち込みました。

I talk about “Amanohashidate” in Kyoto, to which I went just

a little while ago.

”” Amanohashidate is regarded as one of the three most famous

sceniclocations in Japan.

Amamnohashidate, which means ” Heavenly Bridge”, is a long sandbar

lined with pine trees.

To see the heavenly bridge, you are supported to turn your back

to the scenery, bend over, and look from between your legs.“”

Origin of source: Genichiro Ueyama “Japanese-style phenomenon,
300 selections of English sentence explanation. 

I thought that everyone was familiar with this “formal”way to see it, that is,

from his/her own legs, but when I was challenging it, I was laughed at

by some Chinese visitors.

I tried to explain about this style, but they didn’t understand it.

I was sorry for not being better prepared.

Amanohashidate in Kyoto
We are talking about next plan.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です