【Amabie 2】アマビエ2

 昨年、アマビエという、江戸末期に現れた、熊本県にいたという

妖怪を紹介しました。その妖怪は、自分の姿を模写し、身につけて

おくことで、疫病から逃れられると言っていました。

 その信仰の証が、京都府の平等院内にある、塔頭の「浄土院」の

所蔵庫から発見されたという、ニュースを見ました。瓦版という、

現在の新聞のようなものに描かれたアマビエ。現在も変わっていない

状況に、もう1度終息をお願いしたいです。

 塔頭とは、お寺で祖師が亡くなったあと、そのお寺を継続させるため

に、弟子たちが寝泊まりしている施設を指します。

Last year, I introduced Amabie, a Monster called yokai that appeared at the

end of the Edo period and lived in Kumamoto prefecture.

The Monster said that by copying his/her image and wearing it, you would

be able to escape the plague.

I saw on the news that proof of this belief has been found in the storeroom

of the Tatchu, the Jodo-in Temple, in Byodoin Temple in Kyoto Prefecture.

The Amabie is depicted in a kawaraban, which is a kind of newspaper of today.

I would like to ask him/her to put an end once more to a situation that is still

unchanged today.

A pagoda called Tatchu is a facility where disciples sleep after the death of the

founder of a temple to continue the temple.

【Amabie】アマビエ | Travel with Miyabi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です