【Amabie】アマビエ

 先日、アベノマスクに刺繍をしてもらったブログを書きました。その際

に、”アマビエ”を刺繍してもらったと書いたら、”アマビエ”って何ですか?

という質問を頂きましたので、説明します。

 ”アマビエ”とは、江戸時代後期に熊本県に現れた、半人半魚の妖怪です。豊

漁や疫病の予言をすると言われています。そこから転じて、疫病退散の守り神と

して、厚生労働省のポスターにも起用されています。

 紹介した、過去の記事も載せます。

 本来は、今日から開催されるはずだったオリンピック…アマビエさんの力をお

借りしたいです。

I recently wrote a blog about having my Abe’s mask embroidered.

When I wrote that I had “Amabie” embroidered on Abe’s mask, I have

received your comment, “What is “Amabie”? , so I will explain it.

“Amabie” , which appeared to Kumamoto Prefecture in the late Edo

period, is a monster (yokai in Japanese) : its half is a human, and other half

is a fish. It is said to prophesy of a good catch and plague.

From there, it has been used in posters for the Ministry of Health, Labour

and Welfare as a guardian deity to fight off epidemics.

I will also include the previous articles I introduced.

The Olympics, which was originally supposed to be held today…I’d like to

ask for Amabie’s help.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です