【Agave japonica】リュウゼツラン

 福岡県のサボテンハウスで、リュウゼツランに花が咲いた

というニュースを見ました。

 この花は、数十年に一度咲いて、その後、枯れるそうです。

 下の写真は、ニュースからの引用ですが、花が咲いているのは

少しわかりにくいです。

 現在休館中なので、見ることはできませんが、サボテンに花が

咲くのを見ること自体が珍しいので、写真で堪能します。

 名前の由来は、竜の舌に似ているところからきています。

メキシコ原産の多肉植物ですが、元気に日本で咲いてくれて

なんだか嬉しい気がします。

I saw a news report that a flower called Agave japonica has bloomed

in a cactus house in Fukuoka prefecture.

This flower blooms once every few decades and then dies. The picture

below is taken from the news, but it is a little bit difficult to see the flowers in bloom.

It is currently closed, so we can’t see it, but it is rare to see a cactus flowering,

so we will enjoy the photos.

The name comes from its resemblance to a dragon’s tongue.

This succulent plant is native to Mexico, but I feel somewhat happy to see it blooming

vigorously in Japan.

「咲くまで数十年」といわれる花開花 突然4m弱に成長
引用元:朝日デジタル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です