【Joruri】浄瑠璃

 浄瑠璃についてお話します。

” 浄瑠璃は、伝統的な語り唄で、元々は琵琶によって伴奏されて

いたが、その後三味線によって伴奏されるようになった。

今日では、浄瑠璃という言葉普通は人形劇である文楽を指す。”

引用元:植山 源一郎氏著書「日本的事象英文説明300選」

 人間国宝と言われるような方の語り唄を聞くと、空気ががらりと

変わります。それまで居眠りしていた留学生も、起きてきちんと

聞いていました。伝統芸能の底力を感じます。

明日は、”琵琶”についてお話します。

I talk to you about “Joruri” today.

” “Joruri” is a traditional narrative ballad originally accompanied by

biwa and later by shamisen.

Today the term usually refers to the music of the bunraku puppet

heatre.”

Origin of source: Genichiro Ueyama ”Japanese-style phenomenon,300 selections of English sentence explanation”

The song of the person called the living national treasure changes

the air of the place completely.

When the living national treasure started to song, the foreign

students woke up to listen to it carefully.

I felt the real ability of traditional arts.

I will talk to you about “biwa” tomorrow. 

miyabi-panda’s coffee break

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です