【Bunraku】文楽

 日本の古典芸能の中で、私が見たことがあるのは、

以前このブログでお話しした、「狂言」と今回お話しする

「文楽」です。

文楽の定義を紹介します。

””文楽は、浄瑠璃として知られる、音楽を伴う語り唄に

合わせて演じられる古典人形劇である。文楽の魅力は、

熟達した人形遣いと浄瑠璃語りの唄声のハーモニーである””

出典元:植山 源一郎氏著書「日本的事象・英文説明300選」 

通訳案内士合格のための指南を頂いている、

ハロー通訳アカデミーの学長の本から、許可を得て掲載しています。

”熟達した人形遣いと浄瑠璃語りの唄声のハーモニー”、物語の内容を

知らなくても、鳥肌が立つほどの興味深い日本芸能の1つです。

 明日、「浄瑠璃」についてお話します。

I have seen “Kyogen” and “Bunraku”, both of which are

Japanese traditional entertainments.

I talked to you about “Kyogen”in this blog before, so

this time I will tell you about “Bunraku”.

“Bunraku is a classical puppet play performed to

the accompaniment of narrative ballads known

as “joruri“. Its charm lies in the harmony of skilled

puppeteers and the voices of the joruri singer. “

Origin of source: Genichiro Ueyama “Japanese-style
phenomenon, 300 selections of English sentence explanation”

I got permission from the president of “Hello Interpreter

Academy”, who is my instructor on guide qualification.

“Its charm lies in the harmony of skilled puppeteers and

the voices of the joruri singer. “

…Even if you don’t know the contents of the story,

you will get goosebumps for its profoundness of the interesting

entertainment in Japan.

I will talk about”Joruri” tomorrow.

coffee beak

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です